前へ
次へ

行政書士の仕事内容について

行政書士の仕事内容は行政に提出する書類を作成し、その提出を行います。飲食店の営業許可や建築業の許可、会社設立や遺言、相続などに関連している書類を代筆します。様々な書類を個人や法人の依頼があって、行政書士の知識を生かして作成するのです。作成することが出来る書類の種類は一万を超えるといわれ、年々その数は増加しています。依頼主と相談しながら作成する書類を決め、素早く問題解決のための書類を作成します。依頼者の話を聞き、問題にあった書類作成をすることが大切です。法律の知識を生かしながら、顧客のニーズに応える必要があります。顧客を見つけ、サービスを提供することが行政書士の主な仕事なのです。行政書士は書類の専門家でありながら、サービス業でもあるのです。

top用置換

top用置換2
Page Top